エフエムいわぬま

川柳おたまじゃくし

今週のお題

お題締切放送日
ノート終了9/19
9/149/26
カーテン9/2110/3
senryuphoto皆さんの日常の経験を生かして川柳を作ってみませんか? 毎週出題される課題に2句以上3句以内でご投句下さい。 秀作賞として記念品もあります。 選者:西 恵美子先生、飯田ふく江先生  出演:武井 志保、育村 由岳

☆お題☆

毎回番組の最後に発表します。 上記表を参照!! 締め切りは放送日より2週間前ですのでご注意を。 放送エリア外の方でもどしどしご投句下さい。(年齢・性別・あらゆること不問)

☆投句の宛先☆

〒989-2464 宮城県岩沼市三色吉字雷神7-1 FAX 0223-23-5083 Tel 0223-23-5080 (電話でのご投句は火曜日の午後に限ります) メール radio@fm779.com ※課題・ペンネームのほかに住所・電話番号を必ずお書き下さい 秀作賞がお届けできない場合があります。

☆過去の作品☆

pastworks-2
pastworks
pastworks-3

第1197回 川柳おたまじゃくし

第1197回 川柳おたまじゃくし

課題 「道」

投句者数・・・54名
投句数・・・146句

さて今回の課題は「道」でした。

皆様は小学生時代、通学路はどういった道でしたか?
私の住んでいた、田舎町は通学路の一部が舗装されていなく、
田んぼの脇道などがありました。一年を通して様々な動植物の
発見があり楽しく通学していた記憶があります。

春はつくしんぼ 夏はカエルや葉っぱの小水路レース
秋はいなご取り 冬は雪遊び

四季をふんだんに楽しんでいました。
そんな通学路も、すっかり舗装され、
懐かし通学路は姿を消したようでした。

安全や利便性を考えると何とも言えませんが、
ちょっと寂しくも思いますね。

川柳投句まとめ担当の育村でした。

konshuno

<秀作賞>
予定から外れた道が面白い            静御殿

<佳作>
坂道の自転車夏を引きちぎる           相模秋茜
近道を知り尽くしてる泥の靴           たけやす
身の内の棘が融けてく遍路道           スヌーピー
道草をすれば携帯直ぐに鳴る           雪
子の未来一本道を引いてやる           粘土おばさん

 


ももさくら道はまだまだ続いてる         西 恵美子

 

コメント大歓迎です

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


FACEBOOKのコメント